手の美白クリーム TOP > 「老け手」とは?手が顔よりも早く老化してしまう原因 > 手の甲のシミを消すには美容皮膚科?美白クリーム?

手の甲のシミを消すには美容皮膚科?美白クリーム?

手の甲のシミを消す方法って?

手の甲のシミを消す方法って?

いつの間にか手の甲にできているシミ、きれいに消す方法はいくつかあります。しかし、どんな方法でケアしていくことが最も適切かはわかりませんよね。ここでは、美容皮膚科のレーザー治療・外用薬、そして美白クリームの3種類のケア方法のメリットとデメリットを解説していくので、自分に合ったケア方法探しの参考にしてください。

レーザー治療でシミを治療するメリット・デメリット

最近、美容皮膚科では脱毛やニキビ、妊娠線、肉割れなど、女性の深刻な悩みを解決する様々な治療が行われるようになっています。そして、手のシミもレーザー治療を行うことができます。レーザー治療は効果が高い反面、処置後にもケアが必要になりますし、日常生活の中でも気をつけておかなければならない点があります。メリットとデメリットをよく把握した上で治療に臨みましょう。
まず、手のシミにレーザー治療を行うメリットは成果が出るまでの期間が短いことです。シミの程度にもよりますが、薄いシミなら1回の治療で完了するケースもあります。よく行われる方法に「Qスイッチアレキサンドライトレーザー」というものがあり、「老人性色素斑」に有効です。個人差は出るものの、市販品などより治療速度はずっと速いです。
しかし、レーザー治療はシミの濃さや大きさによっては高額になってしまい、何回もかかるようだとその度に治療費がかさんでしまいます。さらに、最も厄介なのがレーザー治療に伴うリスクです。炎症後色素沈着が起きれば元のシミより濃くなる可能性がありますし、よく注意しなければいけません。

外用薬でシミを治療するメリット・デメリット

外用薬でシミを治療するメリット・デメリット

美容皮膚科での治療はレーザー治療のほかに外用薬を使う方法もあります。レーザー治療はデメリットによるシミの悪化など、怖いイメージがあるために、まずは外用薬で試してみたい、と思う方は多いでしょう。外用薬にはハイドロキノンやトレチノインという種類があり、肌の美白やターンオーバーに効果を発揮します。
美容皮膚科の外用薬でシミの治療を行うメリットは、市販品では配合量が制限されているハイドロキノンや、皮膚科や美容皮膚科でしか処方してもらえないトレチノインが利用できることです。一方、デメリットは市販品に比べて肌への負担が大きいことです。高濃度のハイドロキノンは肌への刺激が強いですし、トレチノインはターンオーバー促進のはたらきが強く、赤みやかぶれ、乾燥などが起こる恐れがあります。

美白クリームのメリット・デメリット

美白クリームのメリット・デメリット

美容皮膚科のレーザー治療や外用薬を使用せずに手のシミを治療する方法として、美白クリームがあります。美白クリームの最大の違いはレーザー治療や外用薬のように美容皮膚科へ行く必要がないことです。市販品で手軽に入手ができ、肌への刺激も少ないことは大きなメリットといえます。さらに、シミ以外にもハリやツヤ、保湿効果もあります。価格についても多くの場合、美容皮膚科の治療よりも安く抑えることが可能です。ただ刺激が少ない分、どうしても効果が出るまでの期間は長くなるので、最低でも数ヶ月は見込んでおきましょう。

time
キメテ 薬用ホワイトニングナイトクリーム

▲ このページの先頭へ