手の美白クリーム TOP > 「老け手」とは?手が顔よりも早く老化してしまう原因 > 今日から始めよう!手の美白・老化防止に効果のあるケア方法

今日から始めよう!手の美白・老化防止に効果のあるケア方法

手はダメージとの闘い

手は顔よりも10年早く歳を取る、といわれています。なぜそれほどまでに老化が早いのか、といえばその理由は手が日常生活と密接な関係にあるからです。身体のどのパーツよりも、手は水に触れる機会が多いのは説明するまでもないでしょう。手洗い、料理、食器洗い、洗濯、入浴などは生活のために欠かせないことで、必然的に手が水に触れ、ダメージを受けることは増えていくのです。さらに、1年を通して対策が欠かせない紫外線も大きなダメージのもととなります。
これらのダメージに毎日さらされている手を白く保つためには、美白クリームを塗るだけでは足りません。重要なのは美白クリームに頼りきることではなく、毎日必ず受けてしまうダメージをできる限り少なくし、日常的にケアしていくことなのです。

手肌を老化させないためのケア習慣

手肌を老化させないためのケア習慣

手肌のダメージをできる限り抑え、手の美白を行うには日頃からケアする習慣をつけておくことが大切。とはいっても、どんなポイントに注意すべきかを知っておかなければ対策のしようがありません。そこで、ダメージを受けるポイントから解説していきましょう。
日常生活の中で、最も手がダメージを受けるのが水に触れるときです。水が特別悪いわけではないのですが、水が肌にもたらすダメージは様々なものがあり、触れる頻度も高いことが問題です。例えば、手を濡れたままの状態で放置しておくと、水分が蒸発するときに皮膚の内部の水分まで一緒に蒸発し、乾燥してしまいます。外出から帰ったあとの手洗いや、料理でこまめに手を洗っていることには、乾燥の危険がつきまとうのです。
さらに、食器洗いや洗濯になると洗剤に触れる可能性も出てきます。油汚れを落とすために、洗剤には界面活性剤が含まれていますが、その強力な洗浄力は手の皮脂も一緒に剥がし落としてしまいます。入浴についても、高温のお湯も皮脂を落とす危険があることを忘れてはいけません。やむを得ず水仕事をたくさんしなければならないのであれば、ゴム手袋を有効に使いましょう。

白い手をキープするための紫外線対策

白い手をキープするための紫外線対策

そして、手の美白において最も注意すべきなのは紫外線対策です。紫外線を浴びると、皮膚はメラニンを生成してダメージから手を守ろうとします。しかし、メラニンの過剰生成は角層のバリア機能を低下させ、外部の刺激に対して弱くなってしまうのです。
美白成分の入ったハンドクリームにはUVカット機能がついたものもありますが、どうしてもUVカット機能の成分が多く、美白成分は少なくなってしまう点には注意しなければいけません。紫外線のダメージから手を守りつつ、しっかりと保湿・美白を行うなら、美白クリームで手の保湿と美白を行った上で、日焼け止めスプレーを使うことがおすすめです。また、UVカット機能のあるグローブを使用するのも手軽ですね。

time
キメテ 薬用ホワイトニングナイトクリーム

▲ このページの先頭へ