手の美白クリーム TOP > 内側からも美白しよう!ターンオーバーを促進する食べ物 > 美人度がアップする!手を綺麗に見せる仕草

美人度がアップする!手を綺麗に見せる仕草

ハンドケアだけでは美しい手になれない?

ハンドケアだけでは美しい手になれない?

白く耀く手肌を手に入れても、それだけでは美しい、とはいえません。ハンドケアを頑張っただけでは人から綺麗な手だ、と思われるには足りないのです。皆さんが誰かの手を見たとき、綺麗な手だと思うのはどんな場面でしょうか。それは、しっかりとハンドケアが行われている手で、美しい所作、仕草をしているときです。手を綺麗に見せる所作とはどんなものか、詳しく見ていきましょう。

手を綺麗に見せる仕草のポイント

手を綺麗に見せる仕草のポイント

手を綺麗に見せる仕草としては食事のとき、グラスを取る仕草や、会話中の手の動かし方があります。ただ、その秘訣はどこにあるのか、といわれると難しいですよね。そこで、すぐに参考にできるのが、マジシャンの手の動きです。マジシャンは様々な手の動きで人々を魅了していますが、あれほど夢中にさせられるのはしっかりと技術があるからこそなのです。
例えば、マジシャンの手の形を見ると、三角形をしていることが多くあります。ただし、過剰に意識するわけではなく、中指と親指を軽くくっつけて自然と三角形にすることを意識するだけで良いのです。指を広げていると、手の面積が大きく見えることで太く、短い指に見えてしまいます。しかし、指を閉じて指先まで意識しておくと、引き締まった印象を与えることが可能です。また、物を置くときには茶道のように音を立てず大切に扱ったり、ゆっくりと動かすことでも手の美しさをアピールすることができます。
さらに、人に物を渡すときには片手ではなく、もう一方の手も添えて両手で行うと美しく見えますし、ペンのように先端が尖ったものは相手に真っ直ぐ向けると失礼にあたることがあるので、手元より斜め下あたりを意識すると良いでしょう。

手を残念に見せてしまうNG仕草とは?

逆に、せっかく完璧なハンドケアを行っていても、少しの仕草で台無しにしてしまうこともあります。女性はネイルをしている方も多いと思いますが、ネイルが剥げていたらそれだけでも綺麗な手だ、とは思われなくなってしまいます。また、ネイルをしていなくても指先がささくれていたらやはり美しい手とはほど遠いですし、ペンのインクや鉛筆の跡が指先についているのもイメージダウンにつながります。
また、癖でよく爪を噛む方や、いつも落ち着かずに何かを触っている方も注意が必要です。指は身体のパーツの中でも動きの表現が活発ですから、無駄な動作を省き、落ち着いて見せることが重要です。手を綺麗に見せる仕草を覚え、指先まで美人になりましょう。

time
キメテ 薬用ホワイトニングナイトクリーム

▲ このページの先頭へ